Git Stash

変更したファイルを退避させる:

git stash

untrackedファイルを含めて退避させる:

git stash -u

コメントを残して退避させる:

git stash save 'コメント'

退避リスト一覧

git stash list

退避させたファイルを戻す:

git stash apply

退避させたファイルを戻して、退避リストから削除

git stash pop

退避リストクリア

git stash clear

App Storeのアプリページに遷移して、レビュー画面を表示

guard let writeReviewURL = URL(string: "https://apps.apple.com/app/idXXXXXXXXXX?action=write-review") else {
    fatalError("Expected a valid URL")
}
UIApplication.shared.open(writeReviewURL, options: [:], completionHandler: nil)

SwiftUIのファイルサイクル

@main
struct SomeApp: App {
    @Environment(\.scenePhase) private var scenePhase
    
    var body: some Scene {
        WindowGroup {
            ContentView()
        }.onChange(of: scenePhase) { (phase) in
            switch phase {
            case .active:
                // The scene is in the foreground and interactive.
            case .background:
                // The scene isn’t currently visible in the UI.
            case .inactive:
                // The scene is in the foreground but should pause its work.
            @unknown default:
                fatalError()
            }
        }
    }
}

RxSwiftの簡単運用

f:id:machinemxy:20201018152059p:plain 最近シンプル卓球スコアボードにRxSwiftを導入しました。点数パネルをタッチするとModel更新の同時、Viewも連動で更新するようになりました。

Model:

import Foundation
import RxCocoa
import RxSwift

class Scoreboard {
    var gameL = BehaviorRelay(value: 0)
    var gameR = BehaviorRelay(value: 0)
    var scoreL = BehaviorRelay(value: 0)
    var scoreR = BehaviorRelay(value: 0)
    var serveL = BehaviorRelay(value: 2)
    var serveR = BehaviorRelay(value: 0)
    var serveFirst = Side.left
}

その変化を監視したいプロパティーはBehaviorRelay<元のタイプ>にカプセル化が必要。

ViewController:

import UIKit
import RxSwift
import RxCocoa

class ViewController: UIViewController {
    private var sb = Scoreboard()
    private let disposeBag = DisposeBag()
    @IBOutlet weak var scoreLeft: UIButton!

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        sb.scoreL
            .asObservable()
            .subscribe(onNext: { [unowned self] value in
                scoreLeft.setTitle("\(value)", for: .normal)
            })
            .disposed(by: disposeBag)
    }

    @IBAction func addScoreLeft(_ sender: Any) {
        sb.scoreL.accept(sb.scoreL.value + 1)
    }
}

disposeBagはこのViewControllerは消えた時、全ての監視関係を解除するためのもの。
viewDidLoadに、ModelのscoreLが変化する時、ボタンscoreLeftのTitleをscoreLの値に更新するという関係を構築する。
addScoreLeftの中、ユーザは点数パネルをタッチする時、scoreLの値+1だけ書けばいい。ボタンscoreLeftはsocreLの値変化を感知して、自動的に更新する。

全体のプロジェクトはGitHubで公開しています。